TOP PAGE

SmokeFree Movies is an evidence based campaign that is lobbying for young people’s health to be placed ahead of the commercial interests of the tobacco industry – by taking smoking out of youth-rated movies.

Research has shown that smoking in films is the principle influence on young people to take up smoking, accounting for the recruitment of 52% of all new 11 to 17 year old smokers. Given this, it is estimated that 2,700 under-18s in Liverpool are smoking because of the influence of films.

The campaign to take smoking out of youth-rated films is being spearheaded by the SmokeFree Liverpool youth group, D-MYST (Direct Movement by the Youth SmokeFree Team).

D-MYST was formed by young people in the city who were concerned that they were being targeted by tobacco companies in their favourite films. They launched a campaign called ‘Toxic Movies’, to put the spotlight on the issue, and have gained international publicity for their cause.

D-MYST members say that taking smoking out of youth-rated movies is not about censorship – but is about asking film-makers to think again before they make films which young people can see, which contain smoking.

D-MYST says there are very few occasions when smoking needs to be in a film – so why is it there? The long history of close relationships between the studios and the tobacco industry could well be a factor. But, whatever the reason, the impact that smoking on screen has on young people means that thousands of under-18s take up the habit. And that means many of them will suffer health problems and premature death as a result.

Liverpool City Council has the power to decide the rating of any film that is being shown in the city’s cinemas and would be able to place an 18 certificate on any that contained scenes of smoking.

If you agree that young people should be protected from the potentially deadly influence of smoking in films, please go toand have your say

SmokeFree Movies Campaigner Professor Stanton Glantz visits Liverpool

Professor Stanton Glantz, American Legacy Foundation Distinguished Professor in Tobacco Control at the University of California San Francisco and a leading figure in the global SmokeFree Movies campaign, visited Liverpool to talk about why the City Council should use its powers to give an 18 rating to films that contain scenes of smoking.

The simple answer is that smoking kills and there are numerous medical studies to back this up.

But tobacco doesn’t just kill smokers – each year up to 100 people die in Liverpool as a direct result of inhaling secondhand tobacco smoke.

SmokeFree Kids Launch Party

In addition, thousands of people are affected in a variety of ways by other people’s smoke, and there is strong evidence that exposure to secondhand smoke increases the risk of getting lung cancer or heart disease.

Immediate exposure makes your eyes sore and leads to a headaches, dizziness, coughs, sore throats and nausea. If you are asthmatic you may experience a decline in lung function. Just 30 minutes exposure to other people’s tobacco smoke can be enough to reduce blood flow through the heart.

These are some of the reasons that led Liverpool to take the initiative in 2004 and press for legislation to tackle the harmful effects of second-hand smoke.

National legislation was introduced on July 1 2007, with very high compliance in Liverpool.

However, the overall incidence of smoking in the city is still way above the national average, with smoking and secondhand smoke still the main cause of premature death in Liverpool. That is why the partners in SmokeFree Liverpool – health professionals, the local authority, private sector and charities – are continuing to press for a smokefree city.

不妊のために男性と女性が子供たちをもうけることができない場合があります。

今でも多くの人々のため、問題へのアプローチは、それが信念の問題を解決することができれば、理由を明確にすることができる。

子供がほしくても妊娠は最初のチェックに失敗したら、カップルが思わず子供のいないままでなければならないことを意味するものではありません。

ペアであれば想定され 、保護されていないにもかかわらず、性交が妊娠に結びつきません。

少なくともそれは、不妊の原因を明らかにすることをお勧めします。

不妊には、常に両方のパートナーに原因を探すため、不妊のための多くの理由は、男性と女性の間でも同様に共通している。

妊娠夫と妻の不在がすべての場合、不妊または部分的にしかなりません。

不妊の物理的な原因と心理的要因だけでなく、環境汚染に加えて、することができ 、ストレス、不適切な食生活、 アルコール、喫煙、より女性で男性不妊や不稔の後ろにあります。

多くの場合、不妊の原因が可能な 首尾治療子供を、最終的には 自然な方法を発見する。

女性または男性不妊における原因が訂正できない場合、いくつかの別の方法をカップルが決める。

また、妊婦さんになると便秘になりますが、大切な時期なので薬は控えたいところですね。

乳酸菌を摂取すると腸内環境が改善し便秘が解消することもるので参考にすると良いでしょう。

不妊の原因

不妊のために 、多くの異なる要因を問われる。

不妊の原因ができ、男女ともに同じように不毛としています。

両方のパートナーにある原因

原因は、常にそのためである 両方のパートナーに探します。

ここでは、女性の性、他の男性不妊以外の理由は、いくつかの要因が男性の不妊ができる。

特に 、両方のパートナーの不妊のための一般的な理由がある。

精神的な要因

環境への影響

ストレス

間違った ダイエット

強い 太りすぎまたは低体重

過度のコーヒーと アルコール消費量

喫煙

薬物乱用

麻薬

代謝性疾患

免疫システムの障害

クラミジア感染症

不妊の症状

不妊カップルの場合には、無菌性の女性が、おそらくこのような厳しい症状、サイクルの変動、過剰な髪の成長や極端なホルモン機能障害があります。

痙攣すると月経痛や性交時の痛みを持っている可能性のある兆候である子宮内膜症、多くの場合、女性の無菌につながる。

不妊男性のようなの大きさの変化などの症状 睾丸 と強力な体重増加や体重減少がある。

射精またはに問題がない限り、勃起不全が存在するがしかし、実験室で精液の検査まで、多くの場合、検出されないです。

不妊の治療

不妊(不妊、無菌性)に適切な治療は多くのことに依存します。

満たされていない理由は

不妊の原因

治療の選択肢

いくつかのカップルは、最終的には、既存の不妊を選ぶ に作成、子孫 主に不必要な治療は別の非生物学の採用を決定している。

任意の物理的な理由のための不妊不妊を決定すると考えられる。

心理的に条件付け治療のために、ケースに議論やその他の利害関係者との提携、とのに役立ちます。

また、緩和法、心理カウンセリングや治療や、必要に応じて、のような手順で 鍼治療は、女性の夫の精神的な関連の不妊や無菌性で治療に貢献するかもしれない。

男性の不妊症や女性の無菌性はどこ ホルモンの不均衡根底には来て ホルモン治療をする。

卵管や詰まった場合には、精管が夫婦の不妊の原因としている。

また、不妊治療である人工授精考慮し、人工授精の下で子供がいるすべてのプロセスとして理解されている。

出典:不妊と性感染症

1:常に正しくコンドームを使用しています。コンドームは、傷害の完全な保護を保護しませんが、大部分の損傷のリスクを低減します。

2:人はコンドームと潤滑剤のタイプのいずれかを使用している場合は、水またはとして非油性のようなものでなければならないゲルの次のような油性潤滑剤避けるべきであるゲルのそれは保護材の男性を弱めることができる。

3:洗うエリア性交後に石鹸と水で性器を。これは、ケジラミや他の細菌などの寄生虫から彼を保存することがあります。

4:排尿が尿道に入力したいくつかの細菌を洗い流すことができるので、性交後に排尿です。

5:その男は、月経中のセックスを避ける必要があります。エイズの女性は転送するのに優秀である感染症を月経期間中、この期間中にセックスを介して送信される疾患の影響を受けやすくなりました。

6:それは自然保護要素のほとんど除去するので、女性は膣ビデを避けるべき膣が増加エイズを収縮です。

7:男は、一緒に男性と女性とのセックスを介して送信される疾患の原因となる同性愛を避けるべきです。